脱毛 メラニン色素

メラニン色素とシミの関係

一度は聞いたことがある名称ではないでしょうか?

 

 

メラニン色素とは良くシミの原因であると認知されているようですが、本来は太陽の紫外線などから肌を守る為の
なくてはならない成分なのです。

 

 

日光の紫外線を浴びた肌は肌のDNAを壊してしまいます。また活性酸素を発生させ老化を進行させてしまうのです。
メラニン色素はそれらの紫外線から身を守る為の役割を担います。

 

 

メラニン色素は紫外線をブロックすると同時に黒く変化します。それが日焼けのメカニズムです。

 

 

シミのメカニズムはこのメラニン色素が肌に残ってしまうことで起こる現象です。

 

肌は新陳代謝を繰り返し、このことをターンオーバーと呼びます。新陳代謝によって日焼けした肌の角質は
垢となって流れ落ちていくのですが、新陳代謝が乱れてしまうことによってメラニン色素が体内に残ってしまう現象
がシミなのです。

 

脱毛サロンではこのメラニン色素のことを解説しています。

 

成長期の体毛にはメラニン色素が多く含まれていて、脱毛で使用する機器にはこのメラニン色素に反応する光を放つことが
できます。

 

光を充てることでメラニン色素または毛根部にダメージを与え、ダメージによって皮脂腺開口部や
毛球部の活動が停止して2度と体毛がない状態を作りあげていくことになります。