脱毛 毛周期

脱毛に関するメカニズムニクス

「もうイチイチ添ったりするのが面倒!!」

 

「シェーバーで処理する度に肌が痛むわ!」

 

 

って多くの女性が同じ悩みを抱え込んでいる・・・・。

 

 

 

現代医学では脱毛によってこれらのような女性の悩みは解消されているが

 

実質のところ【脱毛のメカニズム】は知らずに脱毛をしているようです。

 

 

 

全身脱毛をやるけど、どうやって脱毛されているのか知らないってことは怖くないですか?

 

 

医療での治療を受ける時には医師から施術の詳しい説明が行われ、納得して治療を行う。

 

これと同様に脱毛をする際にもスタッフから丁寧な説明を受けるでしょう。

 

 

しかし、脱毛するという明確な施術がわかっているならば、脱毛エステを選択する前に予備知識は知っておくべきだと
考えます。

 

 

その予備知識を知っている上で、自分の不安や悩みをスタッフに話をし、解消された上で施術を行うことがベスト
です。ここではそのような脱毛のメカニズムを解説し、正しい知識を身につけた上で脱毛をしましょう!!

 

 

脱毛をするときには相当な覚悟と慎重さが必要ですよwww

 

★毛周期

 

 

私たちの身体には体毛が生えています。

 

それらの体毛は生えては抜け、また生えてくる周期を繰り返してるってご存知でしょうか?

 

 

このようなことを「毛周期」といいます。

 

毛周期は身体の箇所によってその周期は変わってきます。

 

 

大体、脇ならば2〜3ヶ月の周期です。いやもっとそれよりはやいかもしれません。

 

休止期を経て成長期、後退期と変化していきます。

 

体全体の脱毛はやはり自分での自己処理は無理です。

 

 

 

皆さんが処理の為に剃っている体毛は成長期や後退期の体毛なので、休止期の体毛は処理することはできません。

 

 

これらは同様に脱毛にも言えることで、1回で脱毛処理できるのは上記の周期の体毛のみです。

 

 

まだこれから生えてくる休止期の体毛は脱毛できないのです。

 

 

よって休止期を経て成長期になった体毛をまた脱毛していく手順になります。

 

 

よって脇を脱毛するならば2〜3ヶ月毎に脱毛施術を繰り返す必要があるのです。

 

また、1日に3食分の量の食事を少しずつ5回に分けて摂るというのも良いですね☆
一度に摂取したカロリーが早い段階で消費され、消費しきれずに余分な脂肪に変わってしまうことを防ぎます。ちょこちょこ食べることは消化を早め、胃への負担も軽減されますし、食事と食事の間隔も狭めることになるので常に食べているような感覚がして空腹感も和らぎます。“食べる”という作業が好きな人にとってはダイエットにおいての食事制限を感じさせない良い方法ですね。お勤め先や学校などライフスタイルによっては不可能な人もいるかと思いますが、1日5食の食事方は健康面でもオススメな方法です☆

続きを読む≫ 2014/08/21 16:03:21

知識が身についたからといって誰もが脱毛できるとは限りません。

 

メラニン色素で説明したように、脱毛のメカニズムはメラニン色素に反応させて脱毛を行うので日焼けした肌は脱毛ができません。

 

また、光に弱い体質の人やほくろ、シミなどには光の照射ができません。

 

 

脱毛処理後は軽い火傷をした現象になることがありますが、その時は患部を冷やすことで痛みが和らぎます。

続きを読む≫ 2014/02/22 12:11:22

一度は聞いたことがある名称ではないでしょうか?

 

 

メラニン色素とは良くシミの原因であると認知されているようですが、本来は太陽の紫外線などから肌を守る為の
なくてはならない成分なのです。

 

 

日光の紫外線を浴びた肌は肌のDNAを壊してしまいます。また活性酸素を発生させ老化を進行させてしまうのです。
メラニン色素はそれらの紫外線から身を守る為の役割を担います。

 

 

メラニン色素は紫外線をブロックすると同時に黒く変化します。それが日焼けのメカニズムです。

 

 

シミのメカニズムはこのメラニン色素が肌に残ってしまうことで起こる現象です。

 

肌は新陳代謝を繰り返し、このことをターンオーバーと呼びます。新陳代謝によって日焼けした肌の角質は
垢となって流れ落ちていくのですが、新陳代謝が乱れてしまうことによってメラニン色素が体内に残ってしまう現象
がシミなのです。

 

脱毛サロンではこのメラニン色素のことを解説しています。

 

成長期の体毛にはメラニン色素が多く含まれていて、脱毛で使用する機器にはこのメラニン色素に反応する光を放つことが
できます。

 

光を充てることでメラニン色素または毛根部にダメージを与え、ダメージによって皮脂腺開口部や
毛球部の活動が停止して2度と体毛がない状態を作りあげていくことになります。

続きを読む≫ 2014/02/20 09:17:20